患者さん・ご家族・県民の方へ

「私のカルテ」って?

熊本県では、いつでもどこでも質の高いがん治療を安心して受けていただくために、県下共通の熊本県がん診療連携クリティカルパス「私のカルテ」(以下「私のカルテ」という)を策定し、平成22年3月より運用を開始いたしました。

「私のカルテ」とは…

地域のかかりつけ医と専門医の2人の主治医を持ち、複数の主治医が情報を共有し、診療計画に基づき、共同して診療を行うための道具です。

地域で生活する患者さんご自身に持ち歩いて頂きます。

患者さんの診療経過を共有できるよう作成された共同診療計画表「地域連携パス」に、患者さん自身が記入する「私のプロフィール」等のページがある他、お薬手帳も一緒に中に挟んで利用することができます。

患者さんが医療機関を受診する際に、この「私のカルテ」を持参することで、専門病院(=がん診療連携拠点病院)の医師、かかりつけ医、その他の医療機関などが、患者さんの治療経過などの情報を共有でき、より適切な診療が可能になります。

専門医が患者さんの療養生活や診療に適しているかを吟味したうえで、利用された方が良いと判断した場合に、患者さんやご家族に十分説明し同意を得た上で利用を開始することができます。

※ 専門医(がん診療連携拠点病院)での退院時とかかりつけ医への通院時に、保険診療上自己負担金が生じる場合があります (※ 要件を満たした場合に限る)。