トップページ

ようこそアミロイドーシス診療センターホームページへ
Amyloidosis Medical Practice Center, Kumamoto University Hospital

「アミロイドーシス診療センターは熊本大学病院脳神経内科を拠点とし、複数の関連病院と連携を図りながら全国に広く存在する様々な種類のアミロイドーシス患者をできる限り発見し、病型解析を行ったうえでそれぞれの患者に対し最も有効な治療法を早期に提供することを目的とします。病型解析のため、遺伝子検査、血清トランスサイレチンの質量分析、免疫組織化学検査、レーザーマイクロダイセクション、液体クロマトグラフィー質量分析によるプロテオミクス解析をおこなっています。

新着情報

2019/09/1
トランスサイレチン遺伝子検査の費用請求を9月1日より開始させて頂きました。
2019/9/1
遺伝子検査費用請求の説明(医療事務担当者専用)を掲載致しました。
2019/7/24
「トランスサイレチン遺伝子検査の費用請求」を9月1日から実施させて頂く事をアミロイドーシス病型解析に記載しました。
2019/6/6
「トランスサイレチン遺伝子検査の費用請求に関して」をアミロイドーシス病型解析に記載しました。
2019/5/10
「野生型ATTRアミロイドーシス(老人性全身性アミロイドーシス)が疑われる患者様に対するトランスサイレチン(TTR)遺伝子検査(BMLによるTTR遺伝子変異解析, 保険収載)について」をアミロイドーシス病型解析に記載しました
2019/5/10
「M蛋白、尿ベンスジョーンズ蛋白、遊離軽鎖(ピロリン酸心筋シンチ結果)の情報提供について」を
アミロイドーシス病型解析に記載しました。
2019/1/4
アミロイドーシス病型解析の送付先を変更いたしました
2018/12/6
FAPの患者様へを掲載しました
2018/12/1
検体検査の精度確保に係る改正医療法について記載しました
2018/12/1
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)患者会(道しるべの会, 交流会)が開催されました。
2018/11/1
アミロイドーシスの鑑別について掲載しました。
2018/10/1
腹壁脂肪針吸引検査の動画を公開しました。
2018/8/25
第6回日本アミロイドーシス研究会学術集会が、長野県松本市で開催されました。
2018/7/22
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)患者会(道しるべの会, 交流会)が開催されました。
2018/3/26-29
XVI International Symposium on Amyloidosisが熊本市で開催されました。
2018/1/20
TTR-FAP治療エキスパート会議2018が六本木アカデミーヒルズで開催されました。
2018/3/26-29
XVI International Symposium on Amyloidosisが熊本市で開催されます。
2017/8/19
第5回日本アミロイド研究会が京都で開催されました。
2017/8/8
全身性アミロイドーシスに関する記事がメディカルノートに掲載されました。
2016/7/30
FAP患者会(道しるべの会, 交流会)が開催されました。
2016/10/1-2
FAP患者会(道しるべの会, 交流会)が開催されました。
2016/9/26
組織名がアミロイドーシス診療体制構築事業からアミロイドーシス診療センターに変更となりました。
2016/7/3-7 
The XVth International Symposium on Amyloidosisがスウェーデン・ウプサラで開催されました。
2016/4/19 
熊本地震からの復旧のお知らせを掲載しました。
2015/11/11 
腹壁脂肪吸引の方法を掲載しました
2015/8/21 
第3回日本アミロイドーシス研究会学術集会が安東由喜雄先生を大会長として開催されました。
2015/1/14 
アミロイドーシス診断実習が熊本大学医学部の特別臨床実習(クリニカルクラークシップ)の学生に対して始まりました。
2014/11/20-22 
第32回日本神経治療学会総会が東京で開催され、当施設から発表がありました。
2014/11/13 
第7回熊本臓器移植フォーラムが熊本で開催され、当施設から発表がありました。
2014/11/12 
平成26年度熊本大学医療活動賞が当施設の活動に対して授与されました。
2014/11/8-9 
平成26年度みちしるべの会(FAP患者会)が熊本で開催され、当施設から多数の参加がありました。
2014/9/3 
柴三郎Jr.の発掘プログラムの一環として熊本高校の学生が学びに来るようになりました。
2014/8/22 
第3回アミロイドーシス研究会が東京で開催され、当施設より3演題が発表されました。
2014/7/22 
西日本新聞に当施設の活動「アミロイドーシスの早期発見・早期治療を目指して」が掲載されました。
2014/6/13 
熊本日々新聞に当施設の活動「熊本大のアミロイドーシス診断事業3年目」が掲載されました。
2014/5/ 21-24 
第55回日本神経学会学術大会が福岡で開催され、当施設から多数の発表がありました。
2014/4/27-5/1 
The XIVth International Symposium on Amyloidosisinが米国インディアナポリスで開催され、当施設から多数の発表がありました。