本文へスキップ
 熊本大学大学院生命科学研究部 皮膚病態治療再建学分野

研究業績RESEARCH RECORD

研究内容

皮膚病態治療再建学分野では、伝統ある悪性腫瘍の研究に加え、尹教授の専門である膠原病を中心に、多彩な研究を精力的に行っています。

悪性黒色腫
遺伝子改変iPS細胞由来樹状細胞による免疫療法の開発
cDNAマイクロアレイ解析による新規癌抗原の同定
新規血清腫瘍マーカーの開発

膠原病・自己免疫疾患
膠原病の臨床研究
強皮症皮膚由来線維芽細胞を用いた基礎研究
皮膚筋炎の皮膚特異的分子の研究
microRNAの研究

その他皮膚悪性腫瘍
マウス化学発癌モデルを用いた多段階発癌機構の解明
皮膚筋炎、有棘細胞癌における発癌の研究
皮膚悪性腫瘍におけるセンチネルリンパ節の同定及び微小転移検出法の研究


創傷治癒・血管新生
創傷治癒のメカニズムの研究
血管腫モデルなどを用いた血管新生・リンパ管新生の研究
毛髪再生治療に向けた毛の再生メカニズムの解明

尋常性乾癬
新規血清マーカーの開発

形成外科
リンパ浮腫に対するリンパ管細静脈吻合術のQOLに与える影響
皮膚老化の分子機序の解明
顔面表情筋の再建材料としての広頚筋の有用性の研究

業績

 ※和文論文は多数にのぼるため、割愛します 
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年


患者のみなさまへ

臨床研究協力へのお願い
外来担当表


infoRMATION

熊本大学大学院生命科学研究部 皮膚病態治療再建学分野

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
→アクセス