骨塩定量検査とは


骨塩定量検査は骨粗鬆症を診断するために骨中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の量を測定する検査です。骨塩定量検査はX線を利用する方法と超音波を利用する方法があります。

当院ではX線を用いたDXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法で骨塩定量検査を行います。DXA法は2種類のエネルギーのX線を測定部位に当てることにより骨成分を他の組織と区別して測定する方法です。この方法はごくわずかなX線を使用して簡便で正確に骨密度を測定することができます。主に腰椎や大腿骨頸部を測定します。

検査はベッドに仰向けになりそのまま約5分間動かないようお願いします。複数部位を測定する場合は検査時間が長くなります。