ごあいさつ学術奨励賞#リンクアクセスお問い合わせ


光学医療診療部 肝疾患センター
研究・業績
シンポジウム
第50回日本消化器病学会大会東京 2008.10.1
テーマ :C型肝炎;PEG-Riba治療のコンセンサス
演 題 : 持続ALT低値のC型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2b+Ribavirin 併用療法の有効性および安全性に関する検討
向坂彰太郎、佐々木裕、坪内博仁
第92回日本消化器病学会九州支部例会
第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
大分 2008.11.22
テーマ :肝癌治療の最前線 -治療法の選択と位置づけ-
演 題 : 高度肝細胞癌に対する持続的肝動脈化学療法の予後因子の検討
田中基彦、葦原 浩、紙屋康之、福林光太郎、工藤洋子、永濱裕康、佐々木裕
第12回日本病態栄養学会年次学術集会京都 2009.1.10
テーマ :非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の病態栄養と栄養管理
演 題 : NASHにおける酸化ストレス 病態形成への関与について-
佐々木裕
第92回日本消化器病学会九州支部例会
第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
大分 2008.11.21
テーマ : C型肝炎治療成績向上のための工夫と現状
演 題 : 当科におけるgenotype1型・高ウイルス量症例に対するPEG-IFNα2b+リバビリンの長期投与の検討
工藤洋子、永濱裕康、福林光太郎、紙屋康之、葦原 浩、田中基彦、佐々木裕
第92回日本消化器病学会九州支部例会
第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
大分 2008.11.22
テーマ : 胆道・膵管ステントの選択と有用性
演 題 : 当院における生体肝移植後の胆管狭窄に対する内視鏡治療の現状
田中秀紀、牧 曜子、庄野 孝、村尾哲哉、松本浩一、横峰和典、桜井宏一、
岡島英明、猪股裕紀洋、佐々木裕
パネルディスカッション
第94回日本消化器病学会総会福岡市 2008.5.9
演 題 : 肝癌再発進展阻止を目指して
肝細胞癌に対する経動脈的治療法の位置付け
田中基彦、高岡 了、佐々木裕
一般演題
第75回日本消化器内視鏡学会総会横浜 2008.5.24
演 題 : 肝癌合併食道静脈瘤の治療指針
松本浩一、桜井宏一、佐々木裕
第75回日本消化器内視鏡学会総会(ポスター)横浜 2008.5.25
演 題 : 左心室内血栓症をはじめとした多発性血栓症を合併した重症潰瘍性大腸炎の1例
牧 曜子、尾上公浩、田中秀紀、桜井宏一、田村文雄、佐々木裕
第44回日本肝臓学会総会(ポスター)松山市 2008.6.5
演 題 : 進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法の検討
田中基彦、高岡 了、葦原 浩、紙屋康之、福林光太郎、工藤洋子、 永濱裕康、佐々木裕
演 題 : 難治性C型慢性肝炎症例におけるPEG/RBV併用長期投与の有用性
永濱裕康、田中基彦、工藤洋子、福林光太郎、紙屋康之、 葦原 浩、佐々木裕
演 題 : 当科における肝硬変の成因別実態
工藤洋子、田中基彦、川口絵里、佐藤有紀子、千代永 卓、堤 英治、 福林光太郎、紙屋康之、高岡 了、葦原 浩、永濱裕康、佐々木裕
第44回日本肝臓学会総会(ポスター)松山市 2008.6.6
演 題 : 門脈圧亢進症の臨床像である食道静脈瘤への積極的な治療介入とその効果
紙屋康之、工藤洋子、福林光太郎、松本浩一、葦原 浩、永濱裕康、 桜井宏一、田中基彦、佐々木裕
第12回日本肝臓学会大会(ポスター)東京 2008.10.1
演 題 : 熊本県における肝疾患診療体系の確立
永濱裕康、田中基彦、工藤洋子、福林光太郎、紙屋康之、葦原 浩、佐々木裕
第1回日本カプセル内視鏡研究会東京 2008.10.1
演 題 : 当院での小腸検査の現状
牧 曜子、庄野 孝、村尾哲哉、松本浩一、横峰和典、田中秀紀、 桜井宏一、佐々木裕
第283回日本内科学会九州地方会熊本 2008.11.16
演 題 : 高気圧酸素療法が奏功した腸管嚢胞様気腫症の1例 佐々木彰子、村尾 哲哉、牧  曜子、庄野  孝、松本 浩一、横峰 和典、 田中 秀紀、桜井 宏一、佐々木 裕
演 題 : 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA)後の経過観察中に悪性リンパ腫を発症したC型肝硬変の1例
横手誠一郎、工藤洋子、葦原 浩、紙屋康之、福林光太郎、永濱裕康、 田中基彦、佐々木裕
第92回日本消化器病学会九州支部例会
第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会
□□□□□□□□□□□□□□□□□□
演 題 : 出産後、HSV感染の後に若年PBCとの鑑別を要した肝障害の一例
村田飛鳥、葦原 浩、福林光太郎、工藤洋子、紙屋康之、永濱裕康、 田中基彦、佐々木裕
第92回日本消化器病学会九州支部例会 第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会大分 2008.11.22
演 題 : 腎細胞癌治療中に著名な黄疸を呈し、腫瘍随伴症候群であるStauffer’s syndromeのvariantが疑われた1症例
古田陽輝、福林光太郎、工藤洋子、紙屋康之、葦原 浩、永濱裕康、 田中基彦、佐々木裕
その他
平成20年度日本肝臓学会前期教育講演会松山市 2008.6.6
演 題 : NASH・NAFLD-病態と治療・予防について-
佐々木裕