熊本大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 ロゴマークの由来これは熊本大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科のロゴマークです。2006年に湯本英二教授の原案をもとに作成しました。ロゴマークは女性と男性の輪郭に当科の診療領域である、耳、甲状腺、鼻・咽頭・口腔・顔面、喉頭(声帯)を表したものです。 Department of Otolarygology, Head and Neck Surgery. K.U.M.S
熊本大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 トップページへ
外来・入院診療(診療を希望される患者様へ、当科へ患者様をご紹介いただく先生方へ)研究活動・論文入局案内(当科に興味をお持ちの方へ)ごあいさつスタッフ関連リンクお知らせ反回神経麻痺(声帯麻痺)についてのホームページへけいれん性発声障害のホームページへ募集中の治験へ
Quality Of Life 「生活の質」を考える。
  お知らせ
耳鼻咽喉科・頭頸部外科とは
聴覚、嗅覚、味覚、鼻呼吸、摂食と嚥下、発声など
ヒトが質の高い生活(QOL)を送る上で
非常に大事な機能を取り扱う診療科です。
20世紀は命を救う医療が発達しました。
21世紀のこれからの医療は、命を救うだけでなく
その後のQOLの高い生活を確立できるよう進歩していきます。
News!!
○宿題報告「喉頭麻痺の病態と治療−神経再支配を目指して」のモノグラフを販売しております。
⇒詳細

お願い 当科ではできるだけ、患者様の要望にそえるよう日々努力しております。しかしながら個々のケースに関しての具体的な医療相談は、とくにメール、電話、ファックス等を通じてのものは、誤解・誤診を生じるおそれがあり、お答えしておりません。