熊本大学 - Kumamoto University
熊本大学医学部附属病院 代謝・内分泌内科
  • 臨床
  • 研究
  • 募集
  • 当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ
ホーム > 当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ

当科の臨床研究に承諾を頂いた患者様へ

患者様へ

 熊本大学代謝内科学(熊本大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科)では、さまざまな代謝・内分泌疾患に関する臨床研究を行っています。一般的に臨床研究を実施する際には、研究実施施設での倫理委員会の承認を得た後に、文書もしくは口頭で研究内容を患者様に説明し、同意が得られた方に対してのみ臨床研究が実施されます。しかしながら、患者様への侵襲や介入もなく、病歴や血液検査、画像検査等の既存の情報のみを用いる臨床研究については、対象となる患者様のお一人ずつから直接同意を得る必要はないとされています。このような手法のことを「オプトアウト」と呼びますが、「オプトアウト」では研究の目的も含めて研究内容や実施についての情報を実施施設の掲示板やホームページ上で公開し、同時に拒否する機会を保証するために連絡先を明示することが必要されています。
 熊本大学代謝内科学(熊本大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科)で実施しているオプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

連絡先
熊本大学代謝内科学
〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
TEL:096-373-5169(代)
FAX:096-366-8397
Email:metab@kumamoto-u.ac.jp

研究課題名
(クリックで詳細を提示)
倫理委員会
承認番号
研究責任者 対象患者様
重症型原発性アルドステロン症の診療の質向上に資するエビデンス構築 倫理1013号 河島淳司
荒木栄一
近藤龍也
当科で原発性アルドステロン症と診断され、副腎静脈サンプリングを行った患者様
動脈硬化性疾患高リスク病態におけるコレステロール吸収・合成マーカー(CACHE研究) 先進2322号 松村 剛
荒木栄一
平成22年10月1日から平成24年10月31日まで、当院を診療目的で受診された糖尿病、高LDL-C血症、本態性高血圧症及びメタボリック症候群を有する患者様、及び杉村病院(熊本市中央区)に健康診断目的で受診された方
平成21年4月1日から平成24年9月30日まで、当科、公立玉名中央病院、熊本労災病院、宇城市民病院において、血糖コントロール目的での入院中にエゼチミブを用いたLDLコレステロール低下療法の導入が行なわれた患者様