熊本大学 - Kumamoto University
熊本大学医学部附属病院 代謝・内分泌内科
  • 臨床
  • 研究
  • 募集
ホーム > 臨床 > 募集

募集

糖尿病・代謝・内分泌内科では、初期臨床研修終了後の後期研修医及び後期研修終了後の入局者を募集しております。(募集人数に制限はありません。)

研修プログラムの目的

 当科研修プログラムの目的は、糖尿病や下垂体・副腎疾患、さらには脂質代謝異常や尿酸代謝異常といった代謝・内分泌疾患の全領域において診療を行うことができ、他科からのコンサルテーションに適切に対応できる代謝・内分泌専門医を育成することです。

研修プログラムの各コース

コースには、

  1. (1) 専門医短期取得コース(専門医育成用のコース)
  2. (2) 専門医・学位取得コース(専門医取得と同時に学位(医学博士)も取得するコース)
  3. (3) 学位短期取得コース(学位(医学博士)を短期間で取得するコース)

の3コースがあります。

糖尿病・代謝・内分泌内科では、下記の専門医、指導医の取得が可能です。
専門医:認定内科専門医、糖尿病専門医、内分泌代謝科専門医、老年病専門医、循環器専門医(関連教育病院での研修が必須)、救急科専門医(関連教育病院での研修が必須)、動脈硬化専門医、高血圧専門医。
指導医:内科指導医、糖尿病研修指導医、内分泌代謝科指導医。

下記に各コースの詳細を示します。

  (1)専門医短期取得コース (2)専門医・学位取得コース (3)学位短期取得コース
1年目
2年目
スーパーローテート スーパーローテート スーパーローテート
3年目 大学病院での臨床研修 大学院(代謝内科学)





学位取得
4年目 大学病院/関連病院での臨床研修
(認定内科医取得)



(各種専門医取得)





(各種指導医取得)
大学院(代謝内科学)
(認定内科医取得)



学位取得
(認定内科専門医取得)
5年目
6年目
7年目 大学病院・関連病院での臨床研修/海外留学
(認定内科医取得)
8年目 大学病院/関連病院/海外留学
9年目  
10年目~ (各種専門医取得)
(各種指導医取得)
大学病院/関連病院
(各種専門医取得)
(各種指導医取得)

糖尿病・代謝・内分泌内科での臨床研修は、大学病院以外でも下記に示すさまざまな研修病院で行うことが可能です

  1. 1大牟田天領病院(代謝内科)
  2. 2荒尾市民病院(代謝内科)
  3. 3公立玉名中央病院
     (成人科)(循環器科)
  4. 4国立病院機構熊本医療センター
     (内科)(救命救急)
  5. 5熊本地域医療センター(代謝内科)
  6. 6済生会熊本病院(内科)
  7. 7八代総合病院(糖尿病センター)
  8. 8水俣市立総合医療センター
     (循環器科)(糖尿病センター)
  9. 9上天草総合病院(代謝内科)
  10. 10大分県立病院(内分泌代謝科)
研修病院

またコース(2)、コース(3)では、学位取得後に海外留学も可能です。
主な海外留学先は、

1 Joslin Diabetes Center, Harvard Medical School, Boston, USA.
インスリン作用を中心とした糖尿病研究
2 Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, USA.
糖尿病・肥満症の分子生物学的研究
3 Albert Einstein College of Medicine, New York, USA.
糖尿病合併症研究
4 New York University School of Medicine, New York, USA.
小胞体ストレス関連研究
5 Colombia University, Mew York, USA.
脂質代謝研究
6
Salk Institute for Biological Studies. California, USA
肝臓での糖新生研究
研修病院

などがあります。

研修時の週間スケジュール

熊本大学での臨床研修の週間スケジュールは下記のようになっています。学位取得コースでの大学院在籍中は、外来研修、病棟研修の代わりに、基礎・臨床研究が入ります。

<週間スケジュール>

 午前午後
血糖ターゲス検査
病棟業務
血糖ターゲス検査
病棟業務
糖尿病グループ抄読会
糖尿病グループカンファレンス
病棟業務
入退院カンファレンス
回診
医局会
外来研修 甲状腺エコー検査
病棟業務
血糖ターゲス検査
病棟業務
甲状腺エコー検査
病棟カンファレンス
血糖ターゲス検査・病棟業務
動脈硬化グループカンファレンス
内分泌グループ抄読会
外来研修
頸部血管エコー検査
内分泌グループカンファレンス
病棟業務

内分泌・代謝内科入局後の進路

当科では、(1)の専門医修得コースから大学病院・関連病院での代謝・内分泌疾患の臨床を続けられる方や、(2)(3)の学位取得コースから糖尿病・内分泌・動脈硬化の研究者となり、さらに海外へ留学する人も多くいます。また、循環器疾患や救急医療をさらに習得するため、大学病院救急部や県内外の関連病院で研鑽を積まれる方や、同様に県内外の関連病院で一般内科をさらに研鑽され、開業する人も多くいます。

このように当科では、糖尿病・内分泌・脂質代謝の臨床及び研究はもちろんのこと、循環器科分野、あるいは救急医療などを幅広く研修することが可能となっています。