ご挨拶

熊本大学病院緩和ケアセンターは、2014年9月17日に開設されました。熊本大学病院は、国が指定する熊本県がん診療連携拠点病院であり、熊本県のがん診療の中心として活動しています。がん診療の中で、緩和ケアは重要な位置を占めており、国が特に力を入れて推進している領域です。当センターは、熊本県の緩和ケアの普及・啓発を行う拠点として設置されました。活動の中には、医療者への普及を目的とした熊本緩和ケアカンファレンス(1回/月)や、一般市民の啓発を目的とした市民公開講座(1~2回/年)などがあります。
また、当院での緩和ケアチームの運営にも中心的にかかわっております。これからの熊本における緩和医療の更なる発展を目指してまいりますので、ご支援をよろしくお願いします。

緩和ケアセンター長  山本 達郎

ページの先頭へ