熊本大学医学部附属病院 形成再建科(形成外科)

電話でのお問い合わせはTEL.096-344-2111(病院代表)

熊本大学医学部附属病院 形成外科

熊本大学医学部附属病院 形成再建科について

 形成外科とは、先天的あるいは後天的な身体外表の形状・色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技によって、機能はもとより形態解剖学的に正常(美形)にし、外見と機能の回復をはかる外科です。広い意味で外科学に属する分野ですが、特に、なんらかの原因で失われた組織や臓器を「造る外科(再建外科)」としてほかの外科と異なる特徴があります。これにより、精神的なハンディキャップの軽減も含め、「患者様の社会復帰」と患者さんの「生活の質 (quality of life:QOL)の向上」を目指しています。
 当科では腫瘍切除後の再建外科手術を中心として、リンパ浮腫、外傷、熱傷、難治性潰瘍、瘢痕拘縮、ケロイド、四肢先天異常の治療など、幅広い領域の治療を行っています。

informationお知らせ

  • 初診の予約について

    初診予約受付は、かかりつけ医からの紹介によるものを原則としています 。紹介元医療機関からの連絡により、患者様へご連絡して受診を相談させて頂きます。予約無しで直接本院に来院された場合は、原則当日の診療ができませんのでご注意ください。
  • その他

    熊大病院ニュース

Plastic and Reconstructive Surgery - Kumamoto University Hospital熊本大学医学部附属病院 形成再建科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1

TEL 096-344-2111(代表)