トップページ

ようこそアミロイドーシス診療センターホームページへ

熊本大学「アミロイドーシス診療センター」は、熊本大学脳神経内科学を拠点として、全国の医療機関と連携し、アミロイドーシス診療支援サービスを行っています。

近年、アミロイドーシスの各病型に対する効果的な疾患修飾療法が次々と臨床応用されています。アミロイドーシスの各病型によって適切な治療法が異なるため、早期に適切なアミロイドーシス病型診断を行うことが、予後の改善に重要です。しかしながら、アミロイドーシスの病型診断には専門的な知識や技術が必要であり、一般医療機関における通常診療内では困難な場合が少なくありません。

我々は、アミロイドーシスの早期診断、早期治療の実現をミッションとして、全国の医療機関からご依頼を受け、アミロイドーシス病型解析サポートを行っています。全国に広く存在するアミロイドーシス患者さんの適切な診断を支援し、それぞれの患者さんに対する早期治療が提供されるお手伝いをすることを目的としています。

当センターの取り組みは、Mayo clinicのGlobal bridgesプロジェクトに採択していただきました。国内外の疾患啓発にも取り組みます。
https://globalbridges.org/impact-map/?mapproject=180

 


我々が提供する診断サポート解析は、主として以下の3項目です。その他、アミロイドーシス診療全般に関するご相談も承っています。


1.アミロイドーシス病型解析(免疫組織染色)

2.組織アミロイド質量分析(LMD-LC-MS/MSによるプロテオミクス解析)
※ アミロイドーシス病型解析(免疫組織染色)で、アミロイド原因蛋白質の同定が困難な場合に、改めて解析をご案内いたします。

3.トランスサイレチン(TTR)遺伝子検査