ホーム > 研修だより

研修だより

初期研修を終えるにあたって

熊本大学医学部附属病院群臨床研修医 2年次 上野 聖晃

 二年間の初期研修で多くの人に出会い、学ぶ機会に恵まれました。私は二年間を大学病院で研修するコースでしたが、救急診療では熊本市内の救急病院で、地域医療では鹿児島や沖縄の離島でそれぞれの研修が可能でした。
 研修コースの選択で私が希望したのは大学病院での各科研修・熊本赤十字病院での救急診療・離島での地域研修の機会を得ることでした。それぞれの診療環境で必要となる知識や心構えなどを経験したいと考えていました。
 大学病院での診療を希望したのは、経験や知識が乏しく研修期間が限られた状況のため、実際に後期研修が行われるカンファレンスや診療場面を通じて多くの初期研修医・後期研修医・指導医から基本的な心構えや考え方とともにその多様性も学びたいと考えたからでした。循環器内科研修では特に充実した研修の機会を得ることができました。


 研修のスタートに選んだのが大学病院の循環器科研修でした。特に印象的だったのはカンファレンスと教育体制でした。医師としてはもちろん、社会人としての経験もなかったこともあり、当初は業務に追われ、知識も追いつかず、知っている知識を診療に生かすことすら困難に感じていました。医療という側面を経験し、医学を再認識することで、学生のうちにそのような視点を持てなかったことや準備が不十分だったことを思い知りました。
 カンファレンスではプレゼンテーションや診療・考察内容について毎回多くの厳しい指摘や追求がありました。これは学生のときから知っていたことで、プレゼンテーションを上手に行えるようになりたいという目標があったため、毎回指摘や追求の意図を考え少しずつ診療やプレゼンテーションを工夫するようにしていました。同期の研修医や指導医と考察を指摘しあったり、必要になる知識を確認したりと、多忙でしたがとても充実した楽しい研修を送ることができました。
 教育体制は最初の二週間後期研修医にマンツーマンで教育していただき、その後は後期研修医をはさまない患者担当体制でした。最初は戸惑うことばかりで後期研修医も忙しい中で基礎中の基礎から教えていただきました。精神的にも大きな支えでとてもありがたく楽しく感じました。その後は初期研修と医員、あるいは後期研修医と医員がそれぞれの患者を担当し、初期研修医と後期研修医が同じ患者に重複しない体制になりました。後期研修医や医員の温かい人柄もあり、責任を感じるとともに非常に働きやすく感じました。

 熊本赤十字病院の救急部は患者数が非常に多くそれまでの大学病院での研修や業務とはまったく違うものでした。多くの多様な患者に対応する救急診療で問診あるいは搬送の段階から時間的な制約の中での必要十分な診療のため、医師は特化した業務に従事し、適時的確な指示を出すことが必要となりました。迅速な診療・効率・優先順位や業種間での連携について考えさせられました。ストレスの多い環境で働き続ける救命医の姿勢やモチベーションにも強い感銘を受けました。

 地域医療研修は石垣島徳洲会病院で研修しました。活用できる医療資源が限られた中での診療で医師としての強い責任を改めて自覚しました。外来診療では総合診療となるため、整形外科・皮膚科・眼科・耳鼻科などのほかに、マイナートラブルといわれる診療に苦慮する例も多く経験しました。地域に密着した診療を行う総合診療医の人柄はとても温かく、責任を持って診療にあたっている姿が印象的でした。

 この他、地域医療研修では訪問診療や緩和ケア病棟での回診を経験し、患者さんの生活や背景に寄り添った医療の在り方を肌で学びました。
 知識も技量も人間性も至らず、多大な支援と厚意に支えていただいた初期研修でしたが、診療を通して患者や家族・医師・スタッフなど多くの人と出会い、いろいろなことを学びました。しかし学ぶべきことはまだ。しっかりと身につけていくためにも、初期研修での経験を支えとし目標として多くの研鑚と経験を積み努力していきたいと思います。

  • 総合臨床研修センター - ホーム
  • ページの先頭へ