ホーム > 病院長挨拶

病院長挨拶

熊本大学病院長 谷原 秀信

新研修医の皆様へ

熊本大学医学部附属病院長 谷原 秀信 熊本大学病院で新たに研修医としての生活を始められる皆様、誠におめでとうございます。研修医としての生活は、医師としての第一歩を踏みしめる大事な基礎作りになります。皆様の未来には、無限の可能性があり、医療人として救うことのできる多くの患者さんが待っているはずです。これから熊本大学病院という大きな組織の中で、大切な一員として、活躍してくださることを期待しております。また私だけではなく、先輩医師、看護師、技師、事務など病院職員の全員が、皆様の活躍と、優れた医療人として育っていくことを楽しみにしています。熊本大学病院に来院される患者さんを、少しでも癒し、励まし、より良い人生を生きて頂けるように、一緒に協力していきましょう。

 皆様もよくご存じのように、現在の医学教育、卒後研修の制度は、刻々と変化してきております。より優れた教育と研修の機会を与えるべく、効率の良いシステムが整備されています。熊本大学病院における具体的な取り組みとして、「総合臨床研修センター」が設置され、様々なシミュレーション機器、居住スペースなどが拡充されていますし、専従の医師・事務職員からなるスタッフも充実してきました。これらの支援は、全て、皆様が優れた医師として成長し、熊本大学病院やその医療ネットワークによって診療される多くの患者さんを助けることができるスタッフの仲間として、期待されているからこそとも言えます。

 皆様が研修医として働く熊本大学病院は、熊本県だけではなく、九州全域から患者さんが受診する大学病院であるとともに、多数の関連病院、診療所との病々連携・病診連携の中核拠点でもあります。また肥後地域における医学教育の中心であり、多くの医療人、医学研究者を輩出してきました。皆様は、これらの諸先輩に続き、そして皆様の後には、多数の後進がこれからも巣立っていくはずです。これからの研修医生活の中で、諸先輩の指導を受け、仲間との切磋琢磨を経て、いずれは、皆様自身が、後輩を指導する立場になっていただけるはずです。皆様は、医師として、医療チームの中心メンバーとなり、従来とは比べものにならない程、多くの業務に対応することが望まれています。これからの長い医師としての人生の中で、若い頃の研鑽の日々は、決して無駄になることはないはずです。診療の現場で、苦労を仲間と分かち合い、医師としての技量と知識を習得しつつ、難しい課題を医療チームで解決していく過程の中で、互いの信頼関係が形成され、本当の意味での友情が育っていくと思います。そして、その結果として、医療人として生きていく心構えと覚悟が構築されていくと考えます。なによりも、医師としての自分の活動によって助けられた患者さんの喜んでくれる笑顔を見ることで、あるいは患者さんのご家族が感謝してくれる場面を経験することで、医師という職業を選んだことを心から満足してもらえるはずです。医師という職業は、自らの研鑽の苦労が、誰かの役に立っているという健全な自負を持つことができる素晴らしいものだと思います。医師として必要とされるのは、知識だけではありません。病気で悩む患者さんの心情を思いやる気持ち、患者さんの病気だけではなく全人格的に受け入れることのできる理解力、仲間との信頼関係を築けるコミュニケーション能力、周囲の協力を得つつ職務を全うできる情緒的な安定など、どの一つも欠けてはいけないのです。患者様やそのご家族に対する優しい視線や言動を有する「良い医師」であるためには、「良い人」であることが前提となります。

 これからの毎日の仕事を通じて、患者さんに優しく、高いレベルの医療を安心安全に提供できる理想の大学病院として、熊本大学病院を、さらにより良い存在に近づけるために、一緒に日々の診療と研修に取り組んでいくことをお願いしたいと思います。

                                        (2018年4月)

  • 総合臨床研修センター - ホーム
  • ページの先頭へ