熊本大学大学院生命科学研究部 乳腺・内分泌外科分野 患者さま・一般の皆様へ 医療者・医学生の皆様へ

患者さま・一般の皆様へ

乳がんについて


日本では女性の12人に1人が乳がんになるといわれています。多くの乳がんは比較的ゆっくり進行することがわかっていて、早期にみつけて治療すれば、完治できるがんなのです。

万が一、転移や再発した場合でも、種々の薬物療法により、生活の質(Quality of life; QOL)を保ち、生命予後を延長することができるがんです。現在では、多くのホルモン療法剤や抗癌剤が使用できるようになり、年々、再発患者さんの余命は伸びています。最近では、がん特有のたんぱく質を標的とした分子標的治療の開発が目覚しく、今後さらなる予後の改善が期待されています。

乳がん Q&A

乳がんの最近の傾向

乳癌の検査

乳癌の治療


日本乳癌学会のHPにも一般の方への乳癌についての情報のページがあります。参考にしてください。

このページの先頭へ