患者の皆様へ

小児外科外来診療日
移植外科外来診療日
臨床研究について
(オプトアウト)
小児外科について
主な診療領域
症状から見た小児外科疾患
小児外科で治療する病気
入院数、手術症例数
移植外科について
生体肝移植とは
生体肝移植の必要な肝臓病
生体肝移植の手術方法
生体肝移植の手術の流れ
生体肝移植の術後
熊本県における臓器移植の現況
手術症例数 
熊本大学病院
小児外科・移植外科
〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
病棟(東病棟8階) Tel 096-373-7431
Fax 096-373-7431
外来 Tel 096-373-5572
移植医療センター Tel 096-373-5594
Fax 096-373-5589
医局 Tel 096-373-5616
Fax 096-373-5783
 

小児外科について

小児は0歳から15歳まで(16歳未満)とされるのが普通です。つまり新生児期・乳児期・幼児期・学童期・思春期の病気を扱うのが小児外科です。小児は単なる大人のミニチュアではなく、小児外科では特殊な病態に配慮した治療が必要であり、手術においても時に高度な技術が要求されます。
当科は県下最多の小児外科専門医を有しており、日本小児外科学会認定施設でもあります。また小児科・新生児科・産科との緊密な連携を取りつつ、麻酔科・放射線科などの協力のもと高度な医療を提供しています。
ソケイヘルニアや便秘症など小児一般外科はもちろんですが、当科の特徴として特に胆道閉鎖症・胆道拡張症といった胆道系疾患、神経芽細胞腫・肝芽腫・腎芽腫といった小児固形悪性腫瘍を扱っています。また、先天性食道閉鎖症、先天性十二指腸閉鎖症、先天性腸閉鎖症、先天性横隔膜ヘルニア、直腸肛門奇形といった新生児疾患も周産母子センター新生児集中治療室(NICU)での管理のもと取り扱っています。