【救急・総合診療部 実践3項目】 1.患者本位の救急医療の実践 2.プロフェッショナルな救急医療の実践 3.地域に貢献する救急医療の実践

診療

救急・総合診療部では、救急外来と総合診療外来を担当しています。


1.救急外来

 救急・総合診療部スタッフ医師に加えて、専門診療科からの応援医師(診療助手)による2交代勤務で、365日24時間体制で救急患者の診療を行っています。救急隊からのホットラインには各勤務帯の当番医師が直接対応し患者受け入れの可否を決定します。対象は大学病院かかりつけの患者様のみならず初診の患者様も含めて、軽症から重症まで幅広い傷病に対応して初期診療を行い、必要に応じて専門診療科に紹介し専門的な治療をお願いしています。また、入院治療が必要な重症の患者様は、集中治療室(ICU)や高度治療室(HCU)に入室し専門的で高度な医療を行っています。

表1.救急外来受け入れ患者数の推移
年度 救急患者数 救急車台数
2018年度 3659人 1994台
2017年度 4449人 2585台
2016年度 5035人 2865台
2015年度 3448人 1698台
2014年度 3498人 1679台
2013年度 3199人 1580台
2012年度 3304人 1685台
2011年度 2840人 1378台
2010年度 2060人 1097台
2009年度 1962人 993台
2008年度 1501人 684台

救急外来

2.総合診療外来

 2014年4月より完全予約制で週5日の診療を行っています。対象は、原因不明の発熱や疼痛、検査値異常など、特定の専門診療科を選択することが困難な患者様や県内の医療機関からの紹介患者様です。これらの患者様は診療後、必要に応じて専門診療科への紹介や、しばらくの間、当科外来で診療継続を行うこともあります。

表2.総合診療外来診療日
曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
担当医 谷口 松井・
佐土原・
笠岡
小山・高柳 谷口・佐土原 松井・高柳


表3.総合診療外来受診患者数の推移
年度 受診患者総数 初診患者数
2017年度 932名 208名
2016年度 738名 193名
2015年度 932名 271名
2014年度 1159名 321名
2013年度 947名 285名
2012年度 994名 313名
2011年度 1021名 330名
2010年度 885名 396名
PAGE TOP