ホーム > センター長挨拶

センター長挨拶

総合臨床研修センター長 大屋 夏生

新研修医の皆さんへ

総合臨床研修センター長 山本 達郎 熊本大学病院群で初期研修を開始する新研修医の皆さん、ここに私たちの仲間として皆さんを迎え入れられることを心より嬉しく思います。医師国家試験の難関を乗り越えてきた皆さんは今、束の間の休息を経て、能力、気力、体力、すべてにおいて充実した心境で、研修のスタートを迎えていることでしょう。

 これからの皆さんは、「職業」としての医療の世界に踏み込んでいきます。決して平易な道ではないことは皆さんもよくご存じのはず。まったく不安がないという人はいないと思います。しかしながら、日々の研修を通して少しずつステップアップしていく自分を実感し、時に挫折や戸惑いを経験し、それを克服する喜びを発見し、そして2年間の研修を終える頃には、今よりもずっと充実した心境で、それぞれの専門領域の扉を開くことになると確信しています。

 新研修医の皆さんに知っておいて欲しいことをいくつか述べます。

 まずは、研修医は病院の「顔」であるということです。昔は卒後最初の研修は大学病院だけでしたので、研修医とは学生の延長程度と、いろいろ大目にみられている部分がありました。近年は大学病院の他に多くの初期研修病院があります。患者さんやご家族は、研修医の身だしなみ、言動、態度などを通して、その病院のクオリティを感じとっておられることを意識してほしいと思います。

 次に、研修期間の大学病院は「宝の山」であるということです。稀少な疾患や病態を経験する機会が多いという意味だけでなく、患者さんのさりげない一言、指導医の診療手技、カンファレンスの雰囲気など、この時期のちょっとした経験は一生忘れられない財産になります。常に感性のアンテナを高く掲げて、多くのお宝を吸収してください。

 3つ目は、研修医の皆さんには「質問のプロ」になってほしいと思います。指導医も忙しそうだからなかなか質問しにくいなどとは考えずに、疑問点はためらわずに質問する。それはフレッシュマンの特権であり、医療安全の基本でもあります。今は立派な指導医も、最初は何もわからなかったのです。当時質問のプロだったからこそ今の地位があるのです。

 皆さんは、数ある初期研修施設の中から、熊本大学病院群を研修先に選んでくれました。自由度の高い研修プログラム、研修の進捗に合わせた柔軟な対応、専門領域へのシームレスな導入、多彩な診療科や症例経験の機会、先進的な設備や医療技術、など様々な点に魅力を感じてくれたものと思います。そんな皆さんの期待に応えられるよう、そして何十年経ってからも熊本大学病院群で研修してよかったと言ってもらえるよう、総合臨床研修センターは最大限の支援をしていきたいと思っております。

  • 総合臨床研修センター - ホーム
  • ページの先頭へ